【婚活】35歳女性のお相手の探し方!どこまでが高望み?正しい条件設定とは?

婚活中の皆さん!こんにちは、仲人庵の松山です。

35歳という年齢になると、結婚をリアルに感じる年齢ではないでしょうか。

結婚はしたいけれど、「どんな条件でお相手探しをすればいいのか分からない!」
そのようなことで悩んでいる女性もいるかと思います。

理想ばかりが高くなってしまってもいけません!

高望みにならないように正しい条件設定をすることで、自分に合ったお相手を見つけることも出来ます。

今回は35歳位の女性に向けて、お相手の探し方について紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい。

35歳女性が婚活する際にお相手に求めるオススメの条件設定

35歳女性が婚活する際、お相手に対して、どんな条件設定を設けて婚活を進めればいいのでしょうか。

婚活を始める時、どのようなお相手を求めているのかの条件設定は必須になります。

正しい条件設定をすることで、運命のお相手に早く出会えるかもしれないのです。

では、35歳女性が婚活する際にお相手に求めるオススメの条件設定を紹介します。

年齢差

婚活をする際にまず大事なのが年齢差ですが、35歳女性の場合、年上男性でしたら7歳上位まで考えるのがオススメです。

歳上男性だと、42歳位までを条件にして婚活をすると、お相手を見つけやすくなります。

男性が婚活をする場合、「5歳下まで」と設定する人が多かったりするので、男性が結婚をリアルに感じる40歳位の男性とマッチしやすくなるのです。

もちろん自分の好みの年齢もあるとは思いますが、婚活をする際には年齢に少し幅を持たせることで、出会える可能性も高くなります。

お相手の年収

次にお相手の年収ですが、年収400万円以上に設定するのがオススメです。

結婚相談所では「男性の年収500万円以上が多くいる」と言われることがありますが、年収500万円以上の男性はモテる傾向があります。

ですので、年収を500万円以上に設定してしまうと、一気にライバルが多くなってしまうのです。

都会なのか、地方なのかによって異なりますが、平均値として年収400万円以上に設定するのがいいでしょう。

下記の記事も合わせてご参照ください。

結婚後に住む地域

結婚をする場合、お相手とどこに住むのかも大事になります。

特に地方に住んでいる場合、出会えた人が少し離れていると、結婚で引っ越した時に通勤が大変になったり、まったく知らない土地に行かなければならないことも。

結婚や出産をしても、仕事を続ける女性は多いので、結婚で仕事を手放すことになるのは一つのリスクです。

仕事を続けるのであれば、結婚後に住む地域が通勤できる範囲なのかをしっかり考えるようにしましょう。

婚活女性に男兄弟がいない場合の留意点

婚活をする際に女性に男兄弟がいない場合、さまざまな留意点があります。

家柄にもよりますが、実家の方針をいくつか確認しておかなければならないのです。

次に婚活女性に男兄弟がいない場合の留意点を紹介します。

将来、実家の姓を継ぐ必要があるのか

女性側に男兄弟がいない場合、女性の姓を継ぐ必要があるのか確認しなければなりません。

女性側の父親が長男で男兄弟がいないと、女性でも姓を継がなければならないことがあるのです。

もちろん父親が長男で女性に男兄弟がいなくても、女性の姓を継がずに男性の姓で結婚することもあります。

しかし、家業があったり、厳しいしきたりがあることもあるので、婚活を始める時には、実家の両親に確認しておくようにしましょう。

養子が可能な男性を探す必要があるのか

男兄弟がいない場合、養子が可能な男性を探す必要があるのかを確認する必要があります。

男兄弟がいないと、養子をとって女性の実家に入らなけれならないと両親が考えていることもあるのです。

一般的に男性の籍に女性が入るのが通例になっているので、もし養子に入らなければならない場合、婚活を始める時には養子を前提としたお相手を見つけなければなりません。

お相手が長男だった場合、養子に入れなかったり、次男でも養子は難しいということもあります。

養子を前提とした婚活は、より困難なことがあるので、実家の両親とよく話をしておくのがいいでしょう。

下記の記事も合わせてご参照ください。

実家の両親の介護をどうするのか

男兄弟がいない場合、両親の介護の問題も出てきます。

今の時代、長男が両親の介護をするという考えは古くなってきましたが、実際の問題として誰かが両親の面倒を見なければなりません。

男兄弟がいないと、両親の介護をする覚悟が必要になるのです。

結婚相手の両親の介護も必要になった時、両家の介護を担うのは難しくなってしまいます。

男兄弟がいない場合には、両親の老後の意向を聞いて介護が必要になった時、どうすればいいのかを確認しておくのも良いでしょう。

35歳女性の婚活が上手くいきにくい理由

婚活は、35歳を境目に上手くいきにくいと言われることがあります。

自分でも結婚に対して、焦りを感じてしまうことがあり、結婚が難しく思えてくることもあるのです。

次は35歳女性の婚活が上手くいきにくい理由を紹介します。

理想が高くなりすぎている

婚活が上手くいかない理由の一つに理想が高くなりすぎていることがあります。

年齢を重ねて、さまざまな男性を見てきたからこそ「年収」「年齢」「家柄」「容姿」など、どれも理想が高くなってしまい、いい出会いを見つけられないのです。

婚活をしていく上で、お相手に求める条件は必要にはなりますが、多くを求めすぎると、出会うことの出来る男性の数を少なくしていることがあります。

まずは多くの人と会って話して、そこから将来を想像することで、意外と自分が求めていた理想とは違う男性に惹かれることもあるのです。

出会える場面や回数が減る

35歳になると、出会える場面や回数が減ってしまい、婚活が上手くいかないことがあります。

20代の時には、合コンなど出会いの場面があったとしても、35歳という年齢になると、合コンの数は減ってしまうのです。

周りは結婚している人が多かったり、恋愛や結婚に対して興味がなかったりすることがあるので、異性との交流の場がなく、結婚に繋がりにくいことが理由にあります。

異性に出会える場面や回数が減ってしまうことで、婚活が上手くいかないと感じることがあるでしょう。

恋愛対象年齢の男性独身者が減る

恋愛対象年齢の男性の独身者が少ないことも、婚活がうまくいかない理由の一つに挙がります。

35歳女性の恋愛対象の多くは、同年代です。

しかし、30代半ばの男性の多くは既婚者になっていることがあるので、恋愛対象として見れる男性の数が少なくなってしまいます。

20代の男性だと頼りなく感じてしまい、逆に40代の男性には恋愛感情が湧かないと思っている女性は、同年代だけに絞っているので、出会いのチャンスが極端に減ってしまうのです。

35歳女性で婚活を成功させるポイント

婚活が上手くいかないと、婚活を諦めたくなるかもしれません。

しかし、35歳女性でも婚活が上手くいって、幸せな結婚生活を送っている人もいます。

婚活を成功させるには、気を付けるべきポイントがあるのです。

最後に35歳女性で婚活を成功させるポイントを紹介します。

自己分析から始める

まずは、自己分析から始めてみましょう。

自分という年齢を重ねた女性がどんな人なのかを客観的に見てみることで、婚活でお相手に対して自分の魅力をアピールしやすくなります。

結婚した後にどんな生活を送りたいのか、自分はどんな奥さんになることができるのか。

自己分析をして自分を知ることで、リアルな結婚生活を想像することができます。

結婚生活に夢を見るだけでは、どんな相手が自分に合っているのかはわからないものです。

自分で分析が難しいのであれば、結婚相談所の仲人さんに相談してみたり、友人に相談するのも良いでしょう。

まずは自分を知ることから始めるのが、婚活では大事になるのです。

今までの恋愛経験と比較しない

婚活では、今までの恋愛経験と比較してはいけません。

過去の恋愛は、自分の中で大事な経験の一つではありますが、婚活においてはまったく別物と考えておくようにしましょう。

婚活で出会った人に対して、過去の恋愛を引き合いに出してもまったく別の人なので、意味がありません。

20代に多くの恋愛を経験している人ほど、男性に対して理想は高くなってしまう傾向にあります。

過去の恋愛は、一つの思い出としてとっておいて、婚活中は比較をしないようにしましょう。

妥協できる点とできない点を明確にしておく

婚活でお相手に求める条件設定では、妥協できる点とできない点を明確にしておきましょう。

結婚を最優先に考えて、すべて妥協してしまっては、結婚生活は上手くいきません。

自分の中で「これだけは譲れない!」と思うところは絶対に妥協しないようにしましょう。

例えば

チェックポイント
  • 経済力がある
  • 転勤がない
  • 親を大事にしてくれる

 

など、どんな内容でも譲れないものはあるはずなので、そこは妥協しないことが大事になります。

逆に理想の中で「これは妥協してもいい」と思えるものは、条件設定の中から外しておくようにしましょう。

チェックポイント
  • できれば高身長がいい
  • できれば高学歴がいい

 

など、自分の中で「できれば」と考えているものは、妥協しても結婚生活に支障が出ることはありません。

妥協できる点とできない点は、人によって違うので、自己分析と一緒に考えてみるようにしましょう。

自分に合った婚活方法を見つける

婚活をする上で大事になるのが、婚活方法です。

一言で「婚活」といってもその方法はさまざまあります。

チェックポイント
  • 結婚相談所
  • マッチングアプリ
  • 婚活パーティー
  • 街コン

 

などがあり、他にも友人の紹介など、婚活となる出会いの場は数多くあります。

婚活をする時にどんなサポートがあればいいのか、どんな出会い方がいいのかで婚活方法も変わってくるのです。

自分に合った婚活方法を見つけることで、スムーズな婚活をすることができるので、まずはどんな方法がいいのかから探ってみるといいでしょう。

信頼できる人に相談の上、アドバイスを参考にする

婚活では信頼できる人に相談して、アドバイスを参考にすることも大事になります。

信頼できる相手であれば、建前をなしにして本音で婚活に対してのアドバイスをしてくれるはずです。

自分では気づけないことも信頼できる相手であれば、客観的なアドバイスを貰えることがあります。

自分の考えに偏りすぎずに信頼できる人のアドバイスを参考にしてみると、婚活での活動方法も変わってくるでしょう。

まとめ

今回は、35歳女性のお相手の探し方や正しい条件設定について紹介してきました。

35歳女性が婚活をする時のおすすめの条件設定は

チェックポイント
  • 年齢・・・歳上の男性であれば7才上位まで
  • 年収・・・400万円以上の男性
  • 住む地域・・・仕事を続けるのであれば通勤圏内

 

いかがでしたか。

35歳という年齢で、婚活や結婚に焦りを感じる人もいるかもしれません。

ただ、お相手探しをする際の条件設定や婚活を成功させるポイントを押さえるだけで、婚活がスムーズにいくこともあるのです。

まずは自分自身を見直して、どんな結婚生活を送りたいのかを考えて、自分に合った婚活を始めてみましょう!

今回の記事を参考に、多くの出会いを楽しみにしながら、婚活を進めてみて下さいね。

The following two tabs change content below.
松山 陽一

松山 陽一

これまでに受けてきた婚活相談の人数は800人以上。 業界では若手の男性仲人です。 30代男女の婚活サポートを得意としています。 メンタルヘルスのカウンセラー経験もあるので、メンタル面のケアにも力を入れています。 親身でかつ建設的なサポートにて、婚活中の皆さんを成婚に導きます。

関連記事

松山 陽一
これまでに受けてきた婚活相談の人数は800人以上。業界では若手の男性仲人です。
30代男女の婚活サポートを得意としています。メンタルヘルスのカウンセラー経験もあるので、メンタル面のケアにも力を入れています。
親身でかつ建設的なサポートにて、婚活中の皆さんを成婚に導きます。

電子書籍出版情報

電子書籍
PAGE TOP