女性版お見合いのマナー|覚えておくべき11の事

男性とのお見合い前、あなたは色々と悩んでしまうことはありませんか?

例えば、、
「お見合いにどんな服装を着ていこうかな?」
「明日のお見合いはどんな話題でお話しようかな?」とか。

お見合いの服装や話題に悩んだりすることって、多いかと思います。
ただ、ついうっかり忘れがちなのがお見合いのマナー。

お見合い後、交際に発展するかどうかはお相手に与える印象で決まる時もあります。

そこで今回は女性のお見合いのマナーに関して、詳しくお伝えしていきます。
お見合いのマナーを身につけることが出来ると、男性から素敵な女性に見られますよ!

ぜひマナーを身につけて、楽しいお見合いをしていきましょう。

【女性必見】お見合いマナーの心得をご紹介!


今回は【お見合いマナーの心得】というかたちで、マナーについて詳しくお伝えしていきます!

「男性に対してこのような態度を取ったら、どう思われてしまうのだろう?」
そのようなことを意識していきながら、マナーを身に付けていくことをおすすめします。

これからご紹介する11の心得を参考の上、是非お見合いに役立てて欲しいです。
それでは、一つずつお伝えしていきますので、最後までお見逃しなく。

心得1:お見合いでの服装はスカートが基本

女性のお見合いでの服装ですが、スカートを履くのが基本です。

ワンピースはお見合いの定番の服装でして、おすすめです。
清楚感を与える白色が男性には好印象ですね!
服装に迷ってしまった時、白色のワンピースを着るのも良いでしょう。

ちなみにジーンズ等のカジュアルでラフな服装ですが、お相手男性に悪い印象を与えてしまいます。
ラフな服装でのお見合い参加はマナー違反なので、くれぐれも気を付けて下さい。

また本記事では、服装のマナーを詳しくお伝えしていません。
下記の記事も併せて読んでおくことをおすすめします!

心得2:お相手男性と出会う前にお手洗いで身だしなみを整える

お見合い当日、お見合い場所に着いたら、まず初めにお手洗いに行きましょう。
お手洗いにある鏡を使って、身だしなみを整えます。

もし口紅を塗っていなかったら、口紅を塗りましょう。
そして、鏡を見て髪が乱れていたら、髪も直しておきたいところ。

やはり、お見合いでは第一印象が大切!
清潔感を意識した身だしなみは必要不可欠ですね。

男性は女性の身だしなみをさりげなくチェックしていますよ。
面倒でも、お手洗いで身だしなみを整えることを怠らず実践出来るように心掛けていきましょう。

あと、携帯電話は忘れずにマナーモードにしておきましょう。

心得3:待ち合わせ場所には10分前に到着することは必須

お見合いの待ち合わせ場所には、待ち合わせ時間の10分前には到着出来るようにしましょう。

待ち合わせ時間の20分前位に到着している女性も中にはいらっしゃいます。
素晴らしいですね!早めの時間に到着する心構えは大切です。

お見合い前はとても緊張します。
20分前位に到着して、お見合い前に気持ちを落ち着かせるのも良いですね。

また、お見合いでの遅刻は出来る限り避けたいところ。
どうしても遅刻しそうな時、すぐ担当者に電話連絡するようにしましょう。

心得4:お相手男性からお声がけされたら、笑顔でご挨拶を

待ち合わせ場所では、基本的に男性からお声がけがあります。

お声がけされたら、笑顔でご挨拶しましょう!
「初めまして。〇〇です。今日は出会えて、とても嬉しいです!宜しくお願いします。」と男性に言えたら、とても良いですね。

ただ、実際のところ、、
「初めまして。〇〇です。今日は宜しくお願いします。」のご挨拶が多いです。
なので、その言葉だけでも挨拶時に言えるようにしておきましょう。

出来る限り、満面の笑みでのご挨拶が出来るとベストですね!
無愛想な表情だと男性もビックリしますので、くれぐれも気を付けて下さい。

心得5:お見合いでのお席、自分から先に上座に座らない

女性の場合、お見合いでの席は男性から誘導されることが多いと思います。

通常、お見合いではテーブル席が多いです。
ちなみにテーブル席のソファー側のお席が上座となり、上座に女性が座ることが大半です。

ちなみに男性からお席の誘導されるまで、女性は自分から先に上座に座らないようにして下さい!

「上座に座るのが当たり前!」という態度を女性から取られてしまうと、男性は内心がっかりします。

これでは、お見合いで楽しい会話が出来ませんので、女性は気を付けて下さい。
お互い楽しい会話がしたくなる雰囲気作りは大切ですね。

心得6:値段の高いお飲み物の注文は控える

ホテルなどでお見合いをする時、お飲み物を注文することになります。

注文に時間を掛けないようにしましょう。
通常、お見合いでの会話時間は1時間位が多いです。
お飲み物の注文に時間を掛けすぎると、会話する時間がなくなります。

また、女性は値段の高いお飲み物の注文は控えましょう。
これはマナーとして、是非知っておきたいところ。

というのも、お見合いでのお茶代は男性がお支払いしてくれますが、、
やはり値段の高いお飲み物だと、お相手男性の費用負担が大きくなりますしね。

仮に値段の高いお飲み物を頼んでしまったとしても、男性から指摘されることはないでしょう。
ただ、男性の内心は穏やかではないですし、性格の悪い女性と思われてしまうかもしれません。

この記事を読んでいる女性の皆さんには、男性から感じの良い女性と思われて欲しいです!

心得7:会話時間は1時間位がベスト

お見合いでの会話での会話時間ですが、1時間位がベストです。

「少し話し足りないかなぁ」と感じる位がちょうど良いですね。
実際、1時間位で会話を終わらせた場合、お見合いから先に進みやすいような気がします。

お相手の為にも会話時間は1時間位で切り上げるのが、お見合いのマナーですね。

ちなみにお見合いで避けた方が良い話題があります。
NGの話題はぜひ知っておきましょう!

下記の記事で詳しくお伝えしていますので、参考までにご参照下さい。

心得8:タメ口を控え、敬語で話すこと

お見合いでは敬語で話すこともマナーです。

初対面の方と話す時、敬語を使用するのは当然ですが、ついうっかり友達感覚で話してしまうこともあるかもしれません。
タメ口のような口調で話してしまうと、男性からの印象が悪くなってしまいますので、気を付けましょう。

また、「ヤバイ」とか「マジ」などの若者言葉もお見合いで使用してはいけません。
若者言葉の使用ですが、女性で友達の多い人は無意識にやってしまいがちです。

「〜です」や「〜ます」のような丁寧語を使用することを普段から心掛けてみましょう。

心得9:お見合いでの連絡先交換は禁止

お見合いでの連絡先交換は禁止です。
名刺交換も禁止ですし、お相手に連絡先を聞こうとするする行為はマナー違反となります。

仮にお見合い時にお相手の連絡先を聞けたとしても、それを機にトラブルになった時は大変です。
結婚相談所を退会しなければならないかもしれないので、お見合い時の連絡先交換はしてはいけません。

連絡先交換が認められるのは、お見合い後、男女共にお見合いから交際希望する場合に限ります。

お相手の連絡先は担当者を通じて、教えてもらうのがルールです。
忘れずに覚えておきましょう。

心得10:女性は支払いをする素振りをしておこう

お見合い後、お茶代のお支払いは基本的に男性がしてくれます。

その時、女性は「おごってもらって当然!」の態度を取るのは良くないですね。
演技となりますが、支払いをする素振りは大事です!

男性が支払いを終えた後、、
「お飲み物、おいくらかかりましたか?」とさりげなく聞けると、気遣いが出来てて良いですね。

ちなみにお見合いのお茶代ですが、男性から請求されることはないです。
男性が支払いを終えた後、笑顔でお礼を言うことだけ忘れないようにすれば、支払時のマナーは大丈夫です!

心得11:お見合いの返事は出来るだけ当日中に出すのがベスト

お見合いを無事終えたら、結婚相談所の担当者にお見合いのお返事を伝えなければなりません。

日中の時間帯でのお見合いでしたら、お返事は出来るだけ当日中に出すのがベスト。
仮にお返事が遅くなったとしても、お見合いをした翌日のお昼12時までにお返事を出せるようにしましょう!

また、お見合いをしたにも関わらず、お返事を出さない会員さんも中にはいらっしゃいます。

担当者にお見合いのお返事を伝えることはルールでもあり、お相手へのマナーにも繋がります。
出来る限り、お返事を出せるように心掛けて欲しいと思います。

もし、お返事に迷ってしまった時ですが、担当者に相談することをおすすめします。

お見合いのお返事に関して、下記の記事で詳しくお伝えしています。
ぜひ一度読んで頂き、ご参考下さい。

まとめ

今回は女性のお見合いマナーに関して、詳しくお伝えしました。

お見合いですが、結婚した後も思い出として残ります。
マナーを身につけて、良い思い出として残していけるよう、お見合い頑張っていきましょう!

もし、お見合いのことで分からないことが出てきましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
皆さまからのお問い合わせ・ご相談を心よりお待ちしています。

The following two tabs change content below.
松山 陽一

松山 陽一

これまでに受けてきた婚活相談の人数は600人以上。 業界では若手の男性仲人です。 30代男女の婚活サポートを得意としています。 メンタルヘルスのカウンセラー経験もあるので、メンタル面のケアにも力を入れています。 親身でかつ建設的なサポートにて、婚活中の皆さんを成婚に導きます。

関連記事

PAGE TOP