結婚相談所における「仮交際」とは【完全初心者向け】

結婚相談所の婚活では、「仮交際」という期間があります。

お見合い後、自分とお相手の双方が交際希望の返事を出した時点で仮交際に進みます。
仮交際に進むと、下記のような悩みが出てきたりするもの。

「お相手との連絡はどの位の頻度ですれば良いのだろう?」
「何人のお相手と複数交際をしないといけないの?」

仮交際での進め方ですが、大半の婚活者が一度は悩みます。

真剣交際に進む前の交際期間として、多くの結婚相談所が仮交際という期間を設けています。
ただ実際のところ、仮交際から真剣交際に一度も進めず、退会してしまう方もいらっしゃいます。

そこで今回ですが、仮交際について詳しく解説していきます!
真剣交際に入るためのポイントもお伝えしていきますので、最後までお見逃しなく。

結婚相談所の仮交際とは


多くの結婚相談所では、仮の交際期間と言われる「仮交際」という期間が設けられています。

仮交際はお互いのことを知るための期間でして、恋人同士の関係とは異なります。
交際を楽しむというより、お互いの相性や結婚観を確認したりする期間とも言えます。

期間の長さですが、最長3ヶ月で設定している結婚相談所が大半です。
ちなみに仮交際の期間では、複数のお相手との交際が出来ます。

一般的には、複数の異性と交際することは不誠実とされます。
ただ、効率良く理想の相手を見つけるために、多くの結婚相談所の仮交際では複数の異性との交際が認められています。

そこで、下記のような悩みを持ったことのある方もいるのでは?

例えば、、
「仮交際では、複数のお相手と交際した方が良いのかなぁ?」
「もし複数のお相手と交際するのなら、何人と交際するのが良いだろう?」

これから、その辺りの詳しいことをお伝えしていきますね。

仮交際でのおすすめの交際人数は何人?


仮交際で複数交際を考えるなら、まずは2人のお相手と仮交際することをおすすめします。

実際のところ、3人以上のお相手と仮交際をした場合、結果的にお相手全員と交際終了となることが多いからです。
上記は冷静に考えてみると、当たり前のことのように感じます。

通常、仮交際から真剣交際に進むまでにお相手と4回から5回位デートをします。
やはり、3人以上のお相手と同時並行でデートをした場合、お金や時間が掛かりますよね。

また3人以上のお相手と複数交際した場合、お相手一人一人に対して、良好な関係を築いていくことが難しくなるからです。
お相手側に複数交際していることがバレてしまう恐れもあります。

そう考えた際、複数交際をすることが苦手な方もいらっしゃるかと思います。
仮交際中の複数交際が苦手と感じている方は、最初から一人のお相手と交際していくのが良いでしょう。

ただ仮交際では、お相手側が複数交際をしている場合があります。

「もしかしたら、私キープされているかも?」
と不安になることもあるかと思います。

では、お相手とどのような関係の時がキープされている可能性があるのか、次でお伝えしていきます。

仮交際で「キープ」されている時

お相手と下記のような関係の時はキープされている可能性があります。

  • 1回目のデートの予定がなかなか決まらない
  • 2回目以降のデート、前回のデートから2週間以上空いている時
  • デート後、連絡の頻度が減ってしまった時

冷静に考えてみると、、
本命の相手に対して、「1回目のデートの予定がなかなか決まらない」とか、
「デートの間隔が2週間以上空いてしまう」というのはありえないと思うんですね。

あなたと本当に会いたかったら、あなたが「本命」だったら、忙しくても毎週デートしたいと思うはず。
たまたま、お互い土日の予定が合わなかったら、代わりに平日の夜に会うことだって出来ます。

仮交際でお相手側からキープされたままだと、活動が順調に進みません。
「キープ」から「本命」になるには、お相手と良好な関係を築いていかなければいけません。

そして、良好な関係を築いていく際、交際の中でお相手との関係性を確認していくことも大切となります。
具体的にどのようなことを確認していけば良いのか、次で詳しく説明していきますね。

仮交際で必ず確認すべき7つのこと


仮交際はお相手との関係性を冷静に確認していく期間でもあります。

そこで、仮交際中に必ず確認して欲しい7つの確認事項をお伝えしていきます。
仮交際中のお相手との関係に悩んでしまった時、ぜひご参考下さい!

仮交際期間が2ヶ月を過ぎていないか

多くの結婚相談所では、仮交際期間は最長で3ヶ月間で設定しています。

もし、あなたがお相手との仮交際期間が2ヶ月を過ぎていたら、要注意です!

当相談所に限った話ですが、、
2ヶ月以上の仮交際を経た場合、全員成婚に至りませんでした。
成婚に至らないどころか、真剣交際に進んだとしても、早々に交際終了に至ることが多いです。

“鉄は暑いうちに打て”ということわざがあります。
これは婚活の活動にも当てはまります。
仮交際に入り、お互いの印象が新鮮で、気持ちがホットなうちに交際を進展させることが必要なのです。

もしあなたがお相手との仮交際期間がすでに2ヶ月を過ぎていたら、気をつけて欲しいと思います。

連絡の頻度はほぼ毎日できているか

仮交際中、お相手との連絡の頻度はどんな感じですか?

お互い無理をせず、ほぼ毎日連絡を取り合える関係だったら、安心して交際を続けていきましょう。
毎日の電話は難しい時があるかもしれませんが、メールやLINEだったら毎日のやり取りも出来ますしね。

ただ、性格的に毎日連絡取るのが苦手という方もいらっしゃいます。
その場合、3日に1回電話で30分位話すとか、工夫してみるのも良いでしょう。

「お互い疲れていたり、忙しくても、毎日の連絡のやり取りは楽しい!」
お相手とそのような関係であれば、仲の良いカップルですね。

デートの頻度、週に1回のペースでデートができているか

仮交際中、無理せず週1回のデートが自然に出来ているかの確認も大切です。

お相手と一緒にいて、楽しいと感じられたら、自然と早くまた会いたい!という気持ちが出てきますよね。
週に1回のペースでお相手と会っていれば、仲良くなるのも早いですし、おすすめです。

逆にもし、月に1回のペースで会っているような感じでしたら、要注意!
仮交際中に相手のことを知っていくためにも、最低でも月に3回は会っていきたいところですね。

呼び名が下の名前やニックネームで呼び合える関係か

お相手と電話で話す時、デートの時、お互いに敬語を使わずに会話ができているかも確認しましょう。

呼び名が「苗字のさん付け」のままだと、やはり距離が縮まらないですね。
真剣交際に進む前に、下の名前やニックネームでお互い呼び合える関係を目指したいところです。

呼び名を変える提案は照れくさいかもしれませんが、男性から女性に提案するのをおすすめします。
女性は呼び名を変えたいと思っていても、口で言うのは苦手だったりするので。

一緒にいて居心地が良いと感じることができているか

お相手と一緒にいて居心地が良い人だったら、安心して結婚生活を送れる可能性が高いです。

居心地の良さの確認は大切ですね。
一緒にいて気を使うことが多かったりすると、結婚生活をしていても落ち着けないと思います。

一緒にいる時の居心地の良さですが、結婚生活を送っていく上でとても大切なことですね。

スキンシップについて

デートを重ねて、仲良くなってきたら、お相手と手を繋いだりするのも良いでしょう。

お相手と無理なく、自然とスキンシップが取れていることも確認しておきたいところ。

ただ、仮交際期間でのキスはやめておきましょう。
「軽い」とか「遊び慣れている」などのネガティブな印象をお相手に与えてしまうかもしれません。

キスがきっかけで交際終了となる時もあるので、男女ともに気を付けていきたいところですね。

信頼関係が高まってくれば、自然とスキンシップが取れるようになるでしょう。
仮交際期間中は焦らず、お相手とのコミュニケーションをしっかり取ることに力を入れても良いと思います。

将来について話し合えているか

仮交際中、お相手と将来について話し合えていますか?

結婚後の住居や仕事のことについて、話し合うことは大切です。
将来について話し合ったとしても、お相手と意見が異なる時もあります。

意見が異なったとしても、お相手と意見や価値観のすり合わせをしていきたいところ。
将来について、お相手とどこまで話し合える関係か確認もしていきながら、交際を進めていきましょう。

仮交際から真剣交際に移るタイミング

モニター会員募集のお知らせ

お伝えしてきた「仮交際で確認すべき7つのこと」をご参照頂けたでしょうか?

ご参照の上、お相手との関係性で気になるところがなければ、真剣交際を考えても良いでしょう。
仮交際から真剣交際に移るタイミングですが、お互いが「結婚を前提として、真剣に交際をしていきたい!」と感じた時がベストタイミングとなります。

「お相手と真剣交際がしたい!」と思ったら、是非お相手に自分の気持ちを伝えましょう。
お相手も同じ気持ちだったら、真剣交際への移行決定となります。

通常、先に男性から女性に気持ちを伝えるのが標準的なやり方となります。
真剣交際に入るタイミングが分からなくなった時、担当者に相談してみるのも良いでしょう。

一般的には、お相手と真剣交際に進めた時、その時点で他のお相手と交際が出来なくなります。
真剣交際に進むことが出来たら、担当者に必ず報告するようにしましょう。

仮交際を終了する場合

真剣交際に進まず、お相手との仮交際を終了にしたいと思ったら、担当者にその旨伝えるだけで仮交際終了となります。

結婚相談所では、担当者が間に入ってくれることもあり、気まずい思いをせずに交際を終了することが出来ます。
ちなみに交際終了したい時、お相手に直接伝えるのはルール上NGです。忘れずに覚えておきましょう。

やはり先々が見えない関係をダラダラと続けるのは、お互いのためにもよくありません。
仮交際では、交際終了の早めの決断が求められる時があります。

また、お相手と仮交際終了しようかどうか迷う時もあるかと思います。
そんな時は担当者に相談の上、考えてみるのも良いでしょう。

まとめ

今回は仮交際について、詳しく解説してみました。

仮交際は真剣交際に進むための準備期間だけでなく、婚活を成功させるための重要な期間でもあります。
お相手に確認すべきポイントを押さえて、理想のパートナーと出会えるよう頑張っていきましょう!

記事でお伝えした7つの確認事項もぜひ参考にして欲しいです。
仮交際のことで分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

皆さまからのお問い合わせ・ご相談を心よりお待ちしています。

The following two tabs change content below.
松山 陽一

松山 陽一

これまでに受けてきた婚活相談の人数は600人以上。 業界では若手の男性仲人です。 30代男女の婚活サポートを得意としています。 メンタルヘルスのカウンセラー経験もあるので、メンタル面のケアにも力を入れています。 親身でかつ建設的なサポートにて、婚活中の皆さんを成婚に導きます。

関連記事

PAGE TOP