真剣交際とは?仮交際からの進め方とタイミング

お相手と仮交際を経て、真剣交際に進んだ際、様々な気持ちが出てくるでしょう。

例えば
「真剣交際に進むことが出来たから、成婚を目指して頑張るぞ!」
「初めての真剣交際、先々のことを考えると、何かと不安。」
「仮交際と真剣交際の違いって、そもそも何だろう?」などなど。

そこで今回の記事では、下記についてお伝えしていきます。

  • 真剣交際とは
  • 仮交際から真剣交際に進むタイミング
  • 真剣交際で確認すべきこと

すでに真剣交際に進んでいる方、またこれから真剣交際に進むかどうか迷っている方にも読んで欲しいです。
ポイントを押さえて、成婚に繋がるよう頑張っていきましょう!

ちなみに仮交際に関して、下記の記事でも詳しくお伝えしています。
ぜひ、併せて読んでみて下さいね。

真剣交際とは

結婚相談所での真剣交際とは、仮交際を経て、結婚を前提としたカップルとなります。

仮交際では複数のお相手との交際が可能でした。
ただ、真剣交際では複数交際が出来なくなり、お相手を一人に絞って交際を進めていくかたちとなります。

真剣交際の期間ですが、大半の結婚相談所が最長3ヶ月間で設定しています。
結婚への意欲の高い方が結婚相談所で活動しているので、通常は2ヶ月位の真剣交際を経て、成婚に至る方が多いです。

また皆さんが気になることの一つとして、、
「真剣交際中にキスをしても大丈夫でしょうか?」と質問を受ける時があります。

真剣交際中のキスは大丈夫です。
ただ、真剣交際に進んだらすぐにキスをするのではなく、お互いの雰囲気をよくみてするようにしましょう。
もちろん、お相手との関係が良好である事も大切です。

ちなみに仮交際から真剣交際に進む段階で、お相手との関係が良好かどうかも事前に確認出来ていると安心です。
仮交際から真剣交際に進むタイミングについて、参考程度にお伝えしていきますね。

仮交際から真剣交際に進むタイミング

仮交際の段階で、お相手と下記内容が全て出来ていれば良好な関係です。真剣交際に進むことをおすすめします。

通常、仮交際でお相手と4回から5回位デートをするので、デートの中で下記7項目を確認していきましょう。

  • 電話やLINEが無理なくほぼ毎日できる状態になっている
  • 週に1回のペースでデートができている
  • 下の名前やニックネームで呼び合えている
  • 一緒にいて居心地が良いと感じている
  • お互いの将来を話す事ができている
  • スキンシップが取れている(手を繋ぐ等)
  • 疲れている時や忙しい時でも、お相手と会いたいと思えている

全てOKでしたら、真剣交際に進むことが出来るでしょう。
仮に出来ていない項目があったら、担当者と相談をしながら、真剣交際に進む前にできるようにしておきたいところです。

真剣交際で確認すべきこと

次は真剣交際の中で確認すべきことをお伝えします。
下記内容が全て確認出来ていれば、成婚が近くなりますので、頑張っていきましょう!

金銭感覚の確認

結婚相手ですが、ずっと一緒に生活する相手ですから、金銭感覚が合うかどうかはとても大事なところですね。
仮に金銭感覚が違う相手と結婚してしまった場合、結婚生活を送っていく中でお金に関する意見の相違が多くなるでしょう。

出来れば、真剣交際中にお相手との金銭感覚を確認しておきたいところです。
金銭感覚の確認として、下記3つを参考にしてみて下さい。

欲しいものをすぐに買ってしまう人かどうか

結婚生活では、自分が欲しいものだからと言って、高価なものをすぐに買うことが出来なくなる時があります。
お相手が衝動買いをする癖があるかどうかは交際の中で確認しておきたいところです。

結婚すると、家族のことにお金を使うという場面が多くなります。
また、安価なものであっても、必要性のないものまで買ってしまう癖があるのも結婚生活を送っていく上で不安な要素です。

今後のためにも、どのようなものにお金を掛けたりするのが多いのか、交際の中でお相手と話してみることをおすすめします。

貯金をしている人かどうか

真剣交際の中で、お相手がきちんと貯金をしている人かどうかは確認する必要があります。

例えば、あなたが200万円貯金していたとして、お相手は貯金が全く出来ない人で貯金額ゼロでしたら、やはりお相手との金銭感覚は異なります。

結婚生活を送っていく中で、二人で協力をして、将来のために貯金は必ずしていかなければなりません。
また生活をしていると、どうしてもお金の出費が多くなる時もありますので、貯金することはやっぱり大切です。

真剣交際を通じて、貯金に関することをお相手と話してみるのも良いでしょう。

貯金を意識しすぎている人かどうか

先程、貯金することは大切と言いましたが、、
ただ個人的に感じるのは、何でも節約しすぎて貯金額が増えることに満足感がある方には要注意です。

お金を使うべきところで、お金を使わない癖があると、生活に潤いが無くなってしまう恐れもあります。
ストレスや我慢が多い生活では、心身共に不健康になってもおかしくはありません。

また、時には娯楽のためにお金を使うことも悪いことではありません。
たまには美味しいものを食べに行ったり、旅行に行ったりするのも、結婚生活では大切なことです。

真剣交際の中で、お相手からケチすぎる一面が頻繁に見られるようであれば、気を付けた方が良いでしょう。

結婚後の将来設計について

真剣交際では、お相手と結婚後の将来設計のことで話し合う必要があります。

例えば
「結婚後に住む場所について」
「家族との同居を希望するのか」
「子供が欲しいか」
「結婚式は挙げたいのか」などなど。

ただ、人によっては
「お相手と結婚するかどうかも決まっていないのに、真剣交際で結婚後のことまで話し合う必要ってあるの?」と思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

仮に将来の話をお相手から振られた時に、意図的に避けたりしていると、お相手からの不信感は増していき、破局する可能性があります。

やはり結婚生活の中でお相手と価値観のすれ違いがないよう、真剣交際を通じて、結婚後の将来のイメージを話し合っておくことが大切です。

結婚を前提に真剣交際をしているのですから、将来のことをお相手と話し合って欲しいですね。

将来のことを話し合って、お相手との結婚生活のイメージが出来るのであれば、あなた自身の安心にも繋がります。

親御様へのご挨拶

真剣交際を通じて、お互いのご両親への挨拶をしておくことを是非おすすめします。
当相談所で成婚退会した会員さんですが、真剣交際中にお互いのご両親への挨拶を済ませています。

成婚退会後、ご両親への挨拶をする順番でも悪くはありません。
ただ、高額な成婚退会料を支払って、成婚退会後にご両親の反対で結婚できないという事態は困りますよね。

また真剣交際中にご両親への挨拶を無事済ませたことにより、お相手との絆が一層深まるでしょう。

ご両親への挨拶は緊張しますが、大事な局面なので頑張っていきましょう!

結婚への意思の確認

成婚前に必ず、結婚への意思の確認をする必要があります。
結婚相談所では、プロポーズを通じて、結婚への意思の確認するかたちとなります。

プロポーズですが、男性から女性にするのが一般的です。
ご両親への挨拶と同様、プロポーズも緊張します。
担当者と一緒にプロポーズプランを検討するのも良いでしょう。

プロポーズでは「結婚してください」とはっきり伝えることが大切です。
また、プロポーズで遠回りなセリフだと、お相手が分からない場合があります。

セリフにはくれぐれも気を付けていきたいところですね。

プロポーズが無事上手くいけば、成婚となります。
成婚に至った際は嬉しい気持ちでいっぱいになるでしょう。

まとめ

今回は真剣交際について詳しくお伝えしてきました。

真剣交際では、結婚に向けた現実的な話をしていかなければならないので、苦痛な時もあるかもしれません。
つまづいてしまった時は担当者に相談をして、成婚に至るよう最後まで頑張って欲しいです。

当相談所では会員さんが成婚に至るまで、しっかりとサポートを続けています!
活動のことで分からないことがありましたら、お気軽にご相談下さいね。

The following two tabs change content below.
松山 陽一

松山 陽一

これまでに受けてきた婚活相談の人数は600人以上。 業界では若手の男性仲人です。 30代男女の婚活サポートを得意としています。 メンタルヘルスのカウンセラー経験もあるので、メンタル面のケアにも力を入れています。 親身でかつ建設的なサポートにて、婚活中の皆さんを成婚に導きます。

関連記事

PAGE TOP