婚活中の失恋から克服する方法【女性必見】

婚活中の皆さん!こんにちは、仲人庵の松山です。

二人の交際は順調だと思っていた。けれど、突然訪れる婚活中の失恋。
楽しかった日々が心を締め付け、想像以上の喪失感が行動や思考を停止させます。

何が間違っていたのだろう?これから先、どうすれば良いのだろう?
自分を責めて、自信を無くしていませんか?

失恋はつらい経験ですが、あなたの魅力を高める栄養になるのです。

今回の記事では、婚活中の失恋から克服する方法や、幸せにつながる考え方をご紹介していきます。
最後まで読み終えたときには、つらい経験を乗り越え、次の一歩を踏み出す勇気が湧いてくるでしょう。

実は多くの方が経験している「婚活中の失恋」

カフェで男性と話して失恋して泣いている女性

楽しくてうれしい日々が思い出に変わる・・実は婚活中の失恋は多くの方が経験しています。
なぜなら、婚活の仮交際は、期間中なら複数の異性と同時に交際できるからです。

例えば、お相手が同時に5人交際していると、本交際に至るのは難しいのが当然と言えます。
このケースなら4人が交際を終了し、同時に失恋経験者になるのです。

仮交際中は、お相手の性格や将来計画、理想や価値観などを知る1つの手段です。
この期間に、本交際に進みたいかどうか、見極めなければなりません。

婚活は結婚に向けた活動のため、本交際への判断は非常にシビアと言えます。
思いが募っていても連絡がなかったり、上手くいっていると思っていても途中で終了したりすることがあるのです。

しかし、恋をしていると知ったとき、お相手への気持ちは想像以上に大きくなっています。

断りの連絡を受け、言い表せない感情と思い出が波のように繰り返し、悲しみに押しつぶされそうになりますね。

この失恋は、お相手にとってあなたは「あわなかった」だけかもしれない。
そして、あなたにとってお相手は「あわない人」だったのかもしれない。

とはいえ、失恋は思い描いていた未来が突然失われ、心は虚無感に陥ります。
頭では失恋の事実を理解できても、心にさまざまな感情が交錯して、いつまでも残ります。

ならば、この気持ちの原因を知ることが、あなたにとって必要なのかも知れません。

婚活中の失恋から抜け出せない人の特徴

ベッドで頭を抱える女性

婚活中に仮交際から本交際に進展せず、失恋から抜け出せない人には共通する特徴があります。

例えば、会う日も会わない日もお相手に夢中、24時間ずっとお相手のことを考えている人です。
一途とも言えますが、日々の生活でも自分のために時間を使うことはありません。

「なぜ、どうして、誰よりも想っていたのに・・」
交際によって視野が狭くなり、想いも強く一方的な向きもあるため、破綻したときは気持ちの整理がしづらいでしょう。

ただ、婚活をしている人の中には、複数の異性と同時に交際できない方もおられます。

自分のペースで1人の異性に向き合い交際しているからこそ、別れが耐え難くなるのです。

また「あのとき、こう言っていれば」「もっと早くこうしていたら」などと、自分を責める人も失恋から次の行動に移れません。

往々にして失恋したことをクヨクヨ悩んだり考えたりして、失恋の中に居続けます。
失恋によって、あるいは以前から自分に自信がないため、いつまでも次のステップへ進む勇気がないのです。

失恋をすると失うのが怖くなったり、恋をすることに臆病になったりします。
本当は幸せを手放したくないのに、上手くいかないから、「婚活をやめてしまいたい・・」と思うこともあるでしょう。

しかし、このままで良いのでしょうか。結婚をあきらめるのですか?
想いが強く一途で自信がなくても、結婚できたら、その失恋には意味があったのではないでしょうか。

婚活中の失恋は、これから先も繰り返し経験するかもしれません。
しかし、失恋した意味を知り自分に何が必要だったのか分かると、失恋から抜け出し、婚活を再び始めることができます。

婚活中の失恋を克服するには

悩みを友達2人に話す女性

婚活中の方が失恋を克服するには、これまでの感情と向き合い、考え方や意識を変えるのも1つの方法です。

失恋で心が傷ついたなら、つらい気持ちや悲しいことを我慢する必要はありません。

つらい気持ちは、何もしていないと突然あふれ出し、止まらなくなることがあります。
そんなときは、泣いていいし叫んでもいいのです。

気持ちを共有してもらいたいなら、話せる人に聞いてもらったり、カウンセリングしたりして、気持ちを吐き出すことが大切です。

時を経て気持ちが落ち着いたら、期間や時間を決めてこれまでの感情と向き合います。
不安なら、誰か側にいてもらうのがベストです。無理にがんばる必要はありません。

今の心情を自分なりに理解して受け入れ、お相手を好きだったことや別れた理由を振り返ります。
過去を振り返り自分の価値観や改善点など、素直な気持ちを知ることも失恋の克服に大切なことです。

ここで重要なのは、気持ちが負のサイクルに引き込まれないように、振り返る時間を決めて自分の感情と向き合いましょう。

また楽しかった日々も、たとえ傷ついた気持ちであっても、無理に忘れる必要はありません。
それは、あなたの思い出の1つですから、大切に。

そうして感情と向き合っているうちに、自分が泣かなくなっていることや、心が軽くなっているのを実感する日がきっと来ます。

失恋を経験すると本当の優しさや、自分の至らない点が明確になり、人としてのあり方や自分自身を成長させてくれます。
つらい経験は無駄にはならないし、あえて無駄にはしないと考えてみませんか。
なぜなら失恋の経験は、自分の人生に必要なことだったと、いつか必ず気づくときが来るからです。

そして「あのとき失恋して良かった、ありがとう」と思えるようになったら、もう、失恋を振り返る必要ありません。

しかし、あまりにも大きな傷を残すつらい失恋なら、婚活を休むのも1つの方法です。

その間、自分のために時間を使いましょう。
例えば、身だしなみを整え雰囲気を少し変えてみたり、趣味や教養を高めたりします。
多くの人と交流する場へ出かけ、少しずつ自信につなげましょう。

さまざまな方法で失恋を克服し、改めて婚活を始めるとき、これまでとは異なる方法で取り組めるようになるでしょう。

また、婚活中の失恋は自分の感情や失恋に向き合い、自分に必要な考え方や行動、反省点が分かると自信が湧いてくるでしょう。

婚活中の失恋の薬は新しい恋?

手をつなぐ

失恋は誰もが苦い経験として残ることが多く、失恋を癒す薬は新しい恋などと言われることもあります。
確かに、新しい恋を想像するだけでも幸せな気持ちになります。
そして恋をするのに重要なのが「あきらめないこと」です。

恋をすることに恐怖心が残っていると「このまま、自然に出会う縁を待ってる」と消極的に考える人も多いでしょう。
しかし、待っているだけでは時間ばかりが過ぎ、年齢を重ねるだけです。

あなたは、結婚したい気持ちが心の中に残っていますか?
あきらめていないなら、もう一度、新しい恋をしてみませんか?

失恋を経験しても結婚できる人は、あきらめずに自信を持って前向きに婚活に取り組んでいます。

「恋がしたい、恋をしないと!」と自然に思えたら、あなたは以前のあなたではありません。
正にこの気持ち、失恋から抜け出してリスタートするという気持ちが大切なのです。

さぁ、色々な世界を経験して、あなたに最適なパートナーを見つけましょう。

婚活中の失恋は、あなたの心にあきらめない気持ちが残っていれば、新しい恋につながるのです。

まとめ

夕焼けに指ハートとハートが浮かぶ様子

婚活中の失恋を克服する方法や、考え方を中心にご紹介しました。

失恋の経験はつらくて悲しい記憶ばかり残りますが、その経験は決して無駄なことではありません。
自分の感情と向き合って至らない点を知り、失恋を乗り越えて人として魅力を高めることができます。

むしろ、その経験があるからこそ、これからの婚活で最高のパートナーと巡り合える可能性も出てきます。

肩の力を抜いて、あきらめずに自信を持って、新しい恋をしましょう!

The following two tabs change content below.
松山 陽一

松山 陽一

これまでに受けてきた婚活相談の人数は600人以上。 業界では若手の男性仲人です。 30代男女の婚活サポートを得意としています。 メンタルヘルスのカウンセラー経験もあるので、メンタル面のケアにも力を入れています。 親身でかつ建設的なサポートにて、婚活中の皆さんを成婚に導きます。

関連記事

PAGE TOP