結婚相談所の料金は高い?それでもお得な理由とは

現在、世の中にはあらゆる婚活サービスが存在しています。
今まで、マッチングアプリや婚活パーティーでお相手を探してきたけれど、順調に進まず、結婚相談所への入会を考え始めている方も多いと思います。

結婚相談所は気軽に利用出来る料金ではないので、入会の決心がつかない人も中にはいるのではないでしょうか?

今回の記事では、結婚相談所の料金が高い理由を詳しく解説していきます。
記事を最後まで読んで頂き、結婚相談所のサービスと他の婚活サービスの違いを理解の上、結婚相談所が設定している高い料金に納得して貰えたら幸いです。

結婚相談所の料金が高い理由を知った上で、結婚相談所をご利用頂き、成婚に向けて一緒に頑張っていきましょう!

結婚相談所のタイプは大きく分けて2種類

結婚相談所ですが、大きく分けて「仲人型の結婚相談所」と「データーマッチング型の結婚相談所」の2つのタイプに分けられます。

仲人型とデーターマッチング型の仕組みに関しては、下記の記事で詳しくご紹介しているので、是非ご参考下さい。

仲人型とデーターマッチング型の大きな違いとして、お相手と初めて出会うまでの過程が異なります。
下記にて、お相手と出会うまでの過程を簡単にお伝えしていきます。

仲人型

入会後の流れとして、担当者がお相手プロフィールを通じて、会員の性格や人柄を考慮に入れながら、相性の良いお相手をご紹介してくれます。

仮に会員自身が土日休みではなく、平日休み中心の不定休であったとしても、同じ不定休のお相手をご紹介することも可能です。

お相手と初めてお会いする日程や場所ですが、担当者がお相手側と調整の上、決めてくれます。
お相手とお会いする日程や場所を担当者にお任せすることが出来るので、お相手とお会いするまでの労力が少なくて済みます。

また、お相手との引き合わせの際、担当者が立ち会ってくれたりするのも仲人型の良いところです。

データーマッチング型

入会後の流れとして、自分のプロフィール情報とお相手の希望条件を専用の会員システムに登録します。

会員システムに登録後、これらの情報をもとに相談所が用意しているお相手の診断システムを通じて、理想的なお相手とマッチングすることが可能となります。

マッチングに成功した時はマッチングしたお相手とメッセージのやり取りが出来るようになります。

会員自身がお相手とのメッセージのやり取りを通じて、お相手とお会いする日程や場所を決めていかなければなりません。
仲人型と比べた際、データーマッチング型はお相手とお会いするまでの労力は増えてしまいます。

会員数が多いのがデーターマッチング型のメリットです。
メッセージを通じて、短期間に複数の人にアプローチすることで、出会いのチャンスを増やすことが可能なのもデーターマッチング型の良いところです。

結婚相談所の相場料金(相場費用)はどのくらい?

次に仲人型の結婚相談所とデーターマッチング型の結婚相談所の相場料金をお伝えしていきます。

相場料金については下記記事で詳しくお伝えしているので、併せてご参考下さい。

結婚相談所の料金ですが、1年間で料金がいくら掛かるのかをベースに考える事が大切となってきます。
理由としては結婚相談所で活動している半数以上の方が1年以上の期間を費やしているからです。

実際のところ、上記は本当の話なので、1年間にどのくらい料金が掛かるのかを重点にお伝えしていきます。

仲人型の相場料金

仲人型の結婚相談所はあなたを入会から成婚までのサポートを担当者が一貫して行っています。

そのようなサポート体制を整えている関係上、入会から成婚までに掛かる料金は30万円以上となります。

下記料金の範囲内で運営している仲人型の結婚相談所に入会検討することをお勧めします。

  • 入会金   3万円から5万円
  • 会員登録料  1万円から3万円
  • 月会費  1万円前後
  • お見合い料  5,000円から1万円
  • 成婚料  15万円から20万円

例えば、入会金3万円、会員登録料1万円、月会費1万円、お見合い料が5000円、成婚料20万で料金設定している相談所にあなたが入会したとします。
入会後、ちょうど1年経った時にあなたはお相手と成婚に至りました。成婚に至るまでにお見合いを10回しています。

上記の場合、入会から成婚に至るまでに相談所に支払う料金は成婚料も含めると、料金は41万円となります。

入会から成婚に至るまでに掛かる料金ですが、仲人型は40万円から50万円位。
成婚に至るまでの料金は一つの目安として考えて頂ければと思います。

データーマッチング型の相場料金

データーマッチング型の結婚相談所は初期費用(入会金+会員登録料+付帯サービス)として、10万円から20万円位掛かる相談所が多いです。

また月会費は1万円から2万円の範囲内で設定されていて、成婚料は無料に設定している相談所が多いのも特徴です。
1年間に掛かる料金として初期費用と月会費を含めても約30万円位掛かります。

入会から成婚に至るまでに掛かる料金はデーターマッチング型も40万円から50万円位。
成婚に至るまでの料金は一つの目安として考えて頂ければと思います。

人気急上昇!マッチングアプリについて

結婚相談所の利用と比べた際、他の婚活サービスの利用の方が料金面で断然に安いのは皆さんご存知の事だと思います。

自分に向いていると感じた婚活サービスを選び、その婚活サービスで一生懸命頑張ることが婚活成功の近道のように私は感じます。

現在、スマートフォンを持っていれば、誰でも自宅で気軽に婚活を始めることが出来るマッチングアプリが大人気です。

マッチングアプリを例に、実際のところ、どのような人がマッチングアプリでの出会いに向いているのかを詳しく解説していきたいと思います。

マッチングアプリに向いている人

マッチングアプリでの出会いは世間では賛否両論があるようです。
ただ、婚活の出会いの場のひとつとして、現在かなり浸透してきています。

婚活者に人気のあるマッチングアプリですが、向いていると思われる人は以下の通りです。

  • 思い通りにいかなくても悩まない精神力の強さがある人
  • 可能性が無いと感じたら、すぐに相手を見切れる決断力のある人
  • 危ないと感じたら、深入りしない自己防衛力のある人

マッチングアプリでの出会いですが、付き合うまではお互い同時並行が当たり前だと思います。

相手とのメッセージのやり取りが順調に進んでいると感じていたのに、ある日突然相手とメッセージのやり取りが出来なくなったり、そういうことはよくあります。
その度に本気で落ち込んでいたら、身が持ちません。

マッチングアプリはのめり込み過ぎず、気軽な気持ちで使うのが良いでしょう。

あとはメッセージのやり取りの中で「ん?」と感じるような相手だったら、サクッと切れる決断力も大切だと思っています。
実際に相手と会ってからも違和感を感じられるような場面があれば、深入りしない自己防衛力も必要でしょう。

もちろん「いい人」もたくさんいると思いますので、出会いの場の一つとして、楽しみながらアプリを使っていくのが良いと思います。

マッチングアプリに向いていない人

一方、マッチングアプリに向いていないと思われる人も下記にてお伝えします。

  • とても真面目な人
  • 高齢の人

とても真面目な人はマッチングアプリで結果を出すのは難しいと感じています。
先程もお伝えしましたが、突然相手とメッセージのやり取りが出来なくなったり、そういうことはよくありますし、とても真面目な人だと人間不信に繋がる恐れもあります。

マッチングアプリの出会いを通じて、もちろん誠実で真面目な方もいらっしゃると思うのですが、何度かお会いしてみないと分からないでしょう。

あとは高齢の方もマッチングアプリで結果が出しにくいように感じます。
スマートフォンの操作に慣れていないと思われるからです。
メッセージを打つスピードもマッチングアプリの活動では大切になってくるでしょう。

仮に高齢の方でもスマートフォンの操作に慣れていれば、マッチングアプリによる婚活も有りだと思います。

結婚相談所は料金が高いだけの価値がある!その理由を徹底解説

マッチングアプリのお話から、結婚相談所のお話に戻ります。

結婚相談所の利用料金が高いのは会員の身元調査に手間をかけたり、担当者による細やかなサポートがあるから。

下記にて、詳しくお伝えしていきたいと思います。

入会前のしっかりとした調査

会員の身元調査をしているかどうかが、結婚相談所と他の婚活サービスとの大きな違いです。

私自身、これまで婚活パーティーを20回以上開催した経験があります。
会員と非会員混合のパーティーになるのですが、参加者の本人確認を必ず行うため、非会員には顔写真付きの身分証明書(運転免許証等)の提示を受付時にお願いしています。

実際のところ、非会員の方で参加条件の年齢を超えていた方がこれまで数名いました。

年齢だけであれば、私は渋々黙認が出来るのですが、仮に非会員のパーティー参加者が年収や職業を偽っていたとしても、私は顔写真付きの身分証明書の情報だけでは偽りかどうかまでは分かりません。

一方、結婚相談所では手間をかけて、入会前にしっかりと会員の身元を確認します。
相手の身元が全く分からないというのは、真剣に結婚相手を探している人にとっては大きなリスクになります。

身元が分からないと、最悪の場合、婚活を通じて付き合っていた相手が実は既婚者だったということもありえます。
その他に、年収も大きく偽っていたということもあるかもしれません。

そのため、結婚相談所では入会前に事前に本人確認はもちろんのこと、独身証明書や収入の確認できるもの(源泉徴収票等)で独身であるのか、年収に偽りはないのか、細かなことまで確認をしっかり行います。
そのような調査には手間がかかるため、どうしても料金が発生してしまいます。

充実したサービスやサポート

皆さんがご存知の通り、マッチングアプリや婚活パーティーは出会いの場を提供するだけとなります。

結婚相談所では、担当者が会員を入会から成婚に至るまでサポートしてくれます。
例えば、入会後は会員のプロフィール作成やお写真撮影の立会い等、お見合い成立を目指したサポートに結婚相談所は力を入れていきます。

お見合い全般に関することはもちろんのこと、お見合い後の交際に入ってからも必要に応じて、担当者がアドバイスをしてくれます。

実際のところ、婚活は皆さんが思っている以上にスムーズに進んでいかないという事が多いです。
時には「何回お見合いしても、お相手からお断りの返事が続いてしまう」とか「自分に合った相手が分からない」といった悩みも出てくると思います。

上記のような悩みに関しても建設的なアドバイスをしてくれたり、必要な時に相談にのってくれる担当者やアドバイザーの存在は心強いものです。

会員が成婚に至るように結婚相談所は充実したサービスやサポートを提供するため、どうしても料金が掛かってくるのです。

良質な出会い、成婚までの期間から考えた場合における料金の価値

当たり前の話ではありますが、婚活している人は結婚相手を探しています。

結婚相手を探しているにも関わらず、出会いの場で結婚目的ではない相手と出会うのは、時間とお金の無駄です。
そして、婚活パーティーやマッチングアプリという出会いの場では、結婚目的ではない人もいることを知っておきたいところです。

私は会員さんに「結婚相談所のサービスを利用するのは、結果的に時間の節約に繋がる」と伝えたりしています。

婚活を頑張っている方で週に1回、婚活パーティーに参加されている方もいるでしょう。

男性の方だと、婚活パーティーの参加費として、1回5,000円〜8,000円程度支払うと思います。
仮に週に1回ペースでずっと婚活パーティーに参加していった場合、パーティー参加費の支払いだけで1年間に25万円〜約30万円料金が掛かります。

婚活パーティーの参加を中心に1年間活動した結果、結婚相手が見つかれば問題はありません。

ただ、婚活パーティーを通じて、結婚相手を見つけることが出来た方はそれほど多くはないでしょう。
それは婚活パーティーをこれまで20回以上開催してきた私が感じたことです。

一方、結婚相談所で活動している人は結婚目的の方ばかりで、会員は身元がしっかりしています。
婚活している人にとって、結婚目的でかつ、身元がしっかりしている人との出会いは良質な出会いと言えます。

実際のところ、結婚相談所で真面目に活動していても、会員の半分以上は入会から成婚に至るまでに1年以上の期間がかかります。
ただ、入会後1年以上2年以内の期間で成婚に至ることは会員の努力次第で充分に可能です。

婚活者の貴重な時間を無駄にしないために、結婚相談所は存在しているとも言えます。
結婚相談所で活動することは婚活の長期化を防ぐことに繋がると私は考えています。

まとめ

他の婚活サービスと比べて、結婚相談所の料金が高い理由を伝えてきました。

婚活中の方で他の婚活サービスの利用を何年も繰り返し、結果として結婚相談所の支払う料金よりも高くなることもあるようです。

一時的に掛かる料金の高さだけで判断するのではなく、時には長期的に掛かる料金で判断の上、結婚相談所の利用を前向きに検討しても良いのかもしれません。

関連記事

PAGE TOP